平安装束体験所
アクセスマップ お問い合せ
株式会社 弥栄 (いやさか)
〒604-0831 京都市中京区二条通高倉西入
TEL:075-255-1028 FAX:075-231-2217
 
HOME 装束体験 婚礼貸衣装 記念写真 平安装束体験について 装束制作 ENGLISH
 
  装束体験  
 
装束体験について
体験装束一覧
装束体験の流れ
装束体験風景
装束体験料金表
装束体験お申し込み
体験装束一覧: 小袿(こうちき)
束帯衣冠直衣布袴直衣狩衣
小袿十二単細長高級十二単 子供装束
小袿
平安時代は身分の高い方ほどくつろいだ衣装を着るため、中宮の装束は小袿(こうちき)でした(裳唐衣のときもありました)。長袴、単、五衣、表着、小袿を着て、桧扇を持ちます。(夏は「蝙蝠(かわほり)」という扇をもちました。)
 
 紫式部が若作りして悔やんだ、敦良親王(あつながしんのう)の、御五十日祝のとき、中宮彰子は「紅・紅梅・萌黄・柳・山吹」という5枚重ねの袿に「えび染織物」の上着を着て、そのうえに「柳の上白」の小袿を着ていました。

 晴れの場で紫式部などの女房たちが、十二単を着ているような場面でも、中宮という身分の彰子は、「小袿」でよかったのです。

 小袿は、表と裏の間に中陪という裂地が入って衿、袖口、裾がオメリとなって三重になっております。そして晴れの場ですから色のコーディネイトはとてもおしゃれをされました。

 平安時代の日記や、物語、随筆のいたるところに準正装の「小袿」の名が出てまいります。また、小袿を着る一例で、鎌倉時代初期の九条道家の日記に、婚礼の花嫁が、上に蘇芳の小袿、下に白袿を八領を重ねて、濃袴をはき、その下には小袖を着ていることがかかれております。
小袿 小袿
小袿
小袿 小袿
 
 
 ▲トップに戻る
 
 
 
 
サイトマップサイトポリシー
Copyright 2010 平安装束体験所,All Rights Reserved