ペアプラン~1~

【女性】一榮十二単(じゅうにひとえ)
【男性】冠直衣(かんむりのうし)

「十二単(じゅうにひとえ)」とは、平安時代の女性が身につける正装のことをいいます。
中国から伝わってきた唐風の衣裳が、日本の気候・風土や生活習慣にあわせて、ゆったりとした形に進化したものです。
当時の装束は、表地と裏地の重なりや上下の配色に「重ね」という雅やかな名称をつけて呼んでいました。
季節にふさわしいものがつけられたそうです。
十二単の決まりごとを守りながら重さを軽減したオリジナル十二単です。

撮影データCD(200カット以上)つき 170,000円(税込)~
オリジナルアルバム10ページ(16カット) 70,000円(税込)
オリジナルアルバム16ページ(20カット) 100,000円(税込)

ペアプラン~2~

【女性】一榮十二単(じゅうにひとえ)
【男性】衣冠(いかん)

撮影データCD(200カット以上)つき 220,000円(税込)~
オリジナルアルバム10ページ(16カット) 70,000円(税込)
オリジナルアルバム16ページ(20カット) 100,000円(税込)

ペアプラン~3~

【女性】一榮十二単(じゅうにひとえ)
【男性】束帯(そくたい)

重さを軽減した一榮十二単と、貴族の正装束帯姿結婚記念など、ご夫婦の特別な記念日にお勧めです。

おすべらかしかつらをご利用の場合、我社におすべらかしカツラは、大中小と3頭あります。我社のかつらが合わない場合は、カツラ店をご紹介します。
おすべらかしカツラは別途カツラ代金6万円が必要です。

撮影データCD(200カット以上)つき 200,000円(税込)~
オリジナルアルバム10ページ(16カット) 70,000円(税込)
オリジナルアルバム16ページ(20カット) 100,000円(税込)

ペアプラン~4~

【女性】一榮十二単(じゅうにひとえ)
【男性】高級束帯(こうきゅうそくたい)

皇族の婚礼の時のかつらおすべらかしを付けた十二単姿は、日本女性のあこがれの姿です。
特別な結婚記念日や婚礼写真などには高級な正絹の装束をおすすめいたします。
髪をおすべらかしにするもしくは、現代風のヘアメイクにすることも出来ます。

おすべらかしのかつらをつけるときは、別途6万円が必要ですので含んだ金額です。
おすべらかしのかつらをつけないときは、25万円です。

撮影データCD(200カット以上)つき 310,000円(税込)~
オリジナルアルバム10ページ(16カット) 70,000円(税込)
オリジナルアルバム16ページ(20カット) 100,000円(税込)

撮影風景